会津坂下町の八幡コミュニティーセンターで開催された、県産材促進、会津産材促進へ向けた木材利用促進研修会で講師を務めました。

「木造化等に関する基礎知識や進め方について」というお題をいただき、関連事例等を紹介しました。会津管内市町村の農林課や建築課の方などご参加いただきました。

講演の内容は、木造と他構造のコスト比較に始まり、よりコストをコントロールするための中大規模木造化技術の紹介。今回は発注者の方向けだったので、特に発注者目線で情報を紹介しました。
質疑段階では、想像以上に分離発注の質疑が多く、驚きました。地域材の発注を検討されている経緯があるからだと思います。次回は、3月頃に設計者施工者の方向けに開催予定です。

 

 

中大規模木造コンサルティング 受付中

中大規模木造建築物を地域材で建設したいがどこから始めたよいのか?

CLT建築物を計画中だがどうすればよいのか?

環デザイン舎では、林野庁補助事業の木造公共建築物の整備に係る設計段階からの技術支援事業等に携わっており、木材・木造化ノウハウが蓄積されています。各種コンサルティング・コーディネートを実施しております。お気軽にお問い合わせください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(http:///home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/uploads/image/skylogoblues.jpg): failed to open stream: operation failed in /home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
その他
イメージを共有するデザイン
多くの関係者が意見を調整しながらことをはじめるときに、共通認識ができる部分を増やしていくことが必要になります。まちづくり、建築づくりも同じで...