aIMG_6440_R
昨年末より計画の始まったYHハウス+、2棟の隣接する住宅と厚生施設の計画。今年の年末に住宅棟が竣工しました、厚生棟と外構は、年明けに完成です。長期優良住宅以上の性能を確保した平屋建て住宅です。
aIMG_6659-horz_R
玄関入口と内部です。リビングダイニングに続く引戸が框戸なので、玄関に開口部がなくても明かりをとりいれられます。バリアフリー仕様の床です。
alIMG_6610_R
リビングダイニングキッチンです。床はあつ密杉フローリング。柱は県産杉。壁は、中霧島壁。高性能断熱材とEPS断熱材計160㎜の外壁、日中は太陽光だけで暖かです。
IMG_6497_R
リビングのTV台には床置きエアコンを床下に埋める形で設置しています。上部吹き出し口寄り室内へ、下部吹き出し口より床下へ冬季は温風、夏季は冷風を送り込みます。基礎まわりもしっかりと断熱しているので、エアコン一台で家全体、床下をあたためるつくりになっています。エアコン床暖房です。試運転で3~4時間動かしてみましたが、効果感じられます。
aIMG_6998_R
窓のブラインドを下げた状態です。
IMG_6924_R
窓には、断熱ブラインドを設置しています。ハニカム構造でサイドレールもあるので、断熱効果をUPしています。サッシはYKKのAPW樹脂サッシペアガラスを採用していますが、開口部は断熱的に壁などより弱くなるので、断熱UPです。
alIMG_6652_R
ライティングの様子です。奥が寝室になります。
alIMG_6651_R
キッチンカウンターの壁には神棚。
aIMG_7062_R
キッチンカウンター、右が玄関、左がトイレや浴室へつながります。二本の柱が大黒柱になります。
aIMG_6641_R
キッチンに面して造り付け家具と奥に食品庫となっています。
aIMG_6239_R
寝室。床には、吹き出し口があり、床入れエアコンからの空気が流れてきます。
aIMG_6654_R
寝室の奥はウオークインクローゼットになっています。寝室の明かり環境は柔らかな感じにするため、間仕切り壁の上部に間接照明です。
aIMG_6235_R
ウオークインクローゼット。ハンガーパイプのみ設置し、置き家具なども設置予定です。
aIMG_7025_R
トイレ。タンクレス便器で室内も少し広めにしゆったりトイレです。
a3IMG_6226_R
浴室から洗面所、廊下、トイレを見ています。洗面所には収納棚たっぷり確保です。
a2IMG_6217_R
洗面所は、水がかりになりやすいので、床板も赤身を多めです。カウンターも杉の柾目はぎ板です。大きな鏡で広く感じます。手元を明るくする開口部。

自然素材が多く、中霧島もきいていて空気質が澄んでいる感じです。木部の経年変化や高断熱性能な住み心地が楽しみです。お施主さんと約1年近くやり取りしながら、プランを練り、工事中も現場を見ながら決めながらの充実した日々でした。シンプルで、落ち着いた感じ、少し和な感じ、冬温かく夏涼しい住まい。無事竣工、引き渡しできました。ほっと一息、年明け工事ももう少し、引き続き頑張ります。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(http:///home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/uploads/image/R0028657_R.jpg): failed to open stream: operation failed in /home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
東日本大震災110311
余震対応、なまず速報
手軽に、メールやラジオ、地震情報など各種情報が入手しやすいということで、スマートフォンに切り替え、使い方を試行錯誤していますが、アプリって便...