1階の押入れの一番下の床がふかふかと軟らかく、かつ少ししっとりとしているんです。
今までの解体経験からおおよその原因は分かります。おそらく、床下が土なので水分が蒸発して来て床部分をソフトにしているのではないかと思い、とりあえず1ヶ所解体してみようと思いました。
1011141
丸のこ、バール、のこぎりを準備します。床が軟らかいので、バールをえいと突き刺せばバリっとこわれました。
1011142
想像以上に、簡単にバリバリと床がはがれます。やっぱり床下は土でした。丸のこの出番はないようです。それもそのはずです。
1011143
床は薄いラワンの積層合板だったので、長年の湿気のせいで薄い合板の板同士の接着力がなくなっていたわけで、分離した薄い板がフニャフニャと剥がれます。これを見ると、床下の防湿処理の大切さと合板のもろさを感じます。年月と素材の耐久性能。劣化状況から、工法と素材の活用方法が学べます。
リフォーム方法としては、シートばりを行い、杉板張りか欲を言えば桐板張りにしたいところです。
リフォーム関連情報はこちらもどうぞ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(http:///home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/uploads/image/20090215235923.jpg): failed to open stream: operation failed in /home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
バイオマスエネルギー
ペレットを燃やすデザイン
以前かかわった長野県の小学校のペレットストーブです。 竣工後、一年たって使い心地を聞いてみると、すぐに煙が出て燃えない。などのコメントがあり...