アグリエコステーションの概算見積が届きました。ざっくりとした図面で取り急ぎお願いしたものです。二本松の工務店で、こだわりと対応力があるところです。目指すコストに対しどこまでできるかを検討した第一弾の結果です。

断熱性能や木材活用などこだわる部分があるので、どうしても減額しにくい部分があり、割高感あります。また、職人さんが集まらない、コンクリ不足、金属高等の話はよくあります。見積の全体バランス見ても不思議だったのは、仮設工事がなぜこれほど高いの?工務店さんに聞いて見ると、除染作業のためということでした。なるほどでした。建物などの除染作業をする際に屋根など上るときにも足場は必要になります。

せっかく省エネルギーな環境、地域材、地域大工技術、薪エネルギー活用目指しているのに、微妙な部分で予算使いたくないなあと思いつつも、調整していかなければなりません。見積精度高めるために必要なのは、図面と作業時間。頑張ります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(http:///home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/uploads/image/20090618104448773.jpg): failed to open stream: operation failed in /home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
バイオクライマティックデザイン
髪と明るさ
太陽の明るさで昼間は明るい。あたりまえなんですが、では、それ以外にどう明るくしますか?と聞くと、照明器具となることが一般的です。 先日、髪を...