知人が津波災害にあい、家屋内の畳などの搬出などかたづけのお手伝いに行ってきました。
この状況を伝え、今求められている支援要望を聞いていただけるなご支援いただきたいとのことだったので、状況と要望をアップさせていただきます。
1103261
小名浜の市場に近いこのエリア、二度目の津波の影響がひどく、小川や道路から水やコンテナ、車が流れてきた。
1103262
海に直面する家屋や店内への影響は大きく、物が散乱し、海砂と泥と、
1103263
場所によるのですが、1階の床上1mくらいまで海水が入り込んできています。そのため海水をかぶった家財道具などの搬出を行いだしています。車の撤去が大変です。
1103264
そんな中、こういう商売が広告されてもいます。
1103265
とにかく、ゴミとなってしまったものが道路際などに積まれています。
「この粗大ごみ、津波災害ごみの撤去をお願いします!」現時点で最も支援していただきたいことです。他県の自治体、粗大ゴミ屋さん、ご支援お願いいたします。
1103266
そして、津波災害ごみを片付けるために、今最も活躍していて求められているのは台車と海砂をかきだすスコップです。こちらもご支援いただけると助かります。
そして、このエリアは水、ガスが使えない状況です。1階が海水につかりかたづけ中なので、2階での生活を余儀なくされています。避難所だけではありません、津波被害家屋エリアへの食糧、水などの物資支援もお願いいたします。幸い、2階で電気が使える場合が多く、お湯を沸かすことは可能な場合があるので、レトルト食品や総菜などの提供、水が助かります。
できることを、少しづつご支援いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(http:///home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/uploads/image/20090215235923.jpg): failed to open stream: operation failed in /home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
バイオマスエネルギー
ペレットを燃やすデザイン
以前かかわった長野県の小学校のペレットストーブです。 竣工後、一年たって使い心地を聞いてみると、すぐに煙が出て燃えない。などのコメントがあり...