1001081
先日見学してきた移築改修の建物にはかやぶき屋根が葺かれていました。
かやぶきの職人さんがちょうどかやぶきを刈り込んでいるところに立ち会えました。
1001082
かやぶきの職人さんは6名のチームで日本全国をまわり民家園などでかやぶきの手入れをされているとのこと。そしてどこからきているのかと思い聞いてみると、なんと!福島県の職人さんでした。3名は郡山。3名は会津の大内宿。なるほどです、大内宿にはかやぶきの屋根がたくさんあります。急にお互い「おー福島(福島のイントネーションで)」、なんて言い合えるあたりがうれしい感じでした。しかも、いわきにも民家園あるからこの前行ったね。なんて話まで。かやぶき職人さんは福島県の誇る職人さんとしてもっとPRできるんじゃないでしょうか。
そして気になったのが、かやぶきを刈っている剪定ばさみ。刃の部分が長く楕円形で独特な形をしています。
1001083
休憩前に皆さんと石でお手入。最近、つくるための道具に興味があります。なぜその形?なぜそういうふうに使うの?実際に使ってみるとよくわかり、長年の蓄積が感じられるあたりが面白い今日この頃です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(http:///home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/uploads/image/R0028657_R.jpg): failed to open stream: operation failed in /home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
東日本大震災110311
余震対応、なまず速報
手軽に、メールやラジオ、地震情報など各種情報が入手しやすいということで、スマートフォンに切り替え、使い方を試行錯誤していますが、アプリって便...