建築を建てるまでのプロセスがなんといっても大切です。
このプロセスをしっかり計画しながら、会話しながら内容を詰めていかなければ、いろいろな思いがまとまる、いい結果が生み出されないと経験的に感じています。
そのためには、スケジュールだったり、予算の内容をスタディーすることが計画段階では何回も行います。そんなとき、エクセルって便利だなーとつくづく思いつつも、しっかりと使いこなせていない自分にも気がつきます。
エクセル
最近知った使い方で、いろいろ活用できるなというのが、グリッドにして使う方法です。
セルを小さな四角形のマスにしておくことで、申請書類などの上下間で表の幅が異なる場合でもセル幅に関係なく書き込めるのです。好みの幅を罫線で囲えばよいだけなので便利なんです。
事務処理的な作業量がどんどん多くなる今日この頃ですが、これがいい建築をつくるためのプロセスなんだろうなあと思いながらCAD以外のソフトの使い方も日々進化していきます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(http:///home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/uploads/image/miso_R.jpg): failed to open stream: operation failed in /home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
東日本大震災110311
日々の備え購入、少しづつストック
仕事場の食糧やゴミ袋などの生活用品は、地震発生後にほとんど自宅へ持ち帰ったので、だんだん落ち着いてくると、買いたさねばと思いこの際、備蓄も兼...