建築のデザインを考えているとき、実際にある空間や環境での体験と感覚を大切にしています。いくら図面が書けたり、流行りのデザインがあっても、その地域で場所の特性を活かすには自分の実感が何よりもデザインのよりどころになります。
だから、デザイン脳が動いているときは出かけていても目が気になる部分に吸い寄せられます。
今回は窓からの眺め。しかも眺めの先に緑がたくさんあるシチュエーション。詳細な設計はもう少し先になるとは思いますが、デザインの骨格は整理しておきたいと思う今日この頃。
そんなときに、ぶらりと出かけて、であった窓からの眺め3つ。
1011151
おいしいそば屋さんでの眺め。
1011152
居心地のよいカフェでの眺め。
1011153
やっぱりもう一回来てしまったけんちん汁のお店での眺め。
実際に座ってみて、くつろいで、食べてみて感じることはいろいろありますが、窓の「高さと大きさ」でかなり雰囲気がつくられることをあらためて実感。そして少し悩ましいのは、食べ物がおいしすぎると花より団子状態な自分に気づきます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(http:///home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/uploads/image/nakosov_R.jpg): failed to open stream: operation failed in /home/2013fk/www/kan/2008/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
東日本大震災110311
GWは福島県いわき市でボランティア活動いかがですか?
ゴールデンウイークに近づいています。どう過ごされますか?私はおそらく、震災後まだ放置してある本類や書類の片付けや、畑、DIYリフォーム、仕事...